黒猫のウィズ
魔法使いと黒猫のウィズ攻略まとめ
難易度ダウンについて解説 | パネル難易度検証
黒猫のウィズ攻略記事

難易度ダウンについて解説 | パネル難易度検証

最終更新 : シェア
黒猫のウィズ攻略からのお知らせ
覇級のデッキピックアップに5ターンクリアデッキを追加!

難易度ダウンの潜在能力の概要について解説しています。使い道の参考にしてください。

解説ページまとめはこちら

目次

難易度ダウンの特徴0

クエストの出題傾向の難易度を下げる

おそらく内部的に決まっているであろうパネルの難易度(2色や3色の割合)を下げ、単色パネルを出やすくさせる効果がある。
クエストごとにパネルの傾向も違うため、より難しいクエストで効果を発揮しやすい。

難易度ダウン所持精霊一覧

複色パネル縛りにも光が差す

今まで複色パネルしか確認できなかったステージでも単色パネルを確認できた
これにより難易度低下の例外はほとんどないとみられる。

▲複色縛りのステージでも単色パネルが出た。

スポンサーリンク

通常クエストで検証0

条件

結果のブレを最小限にするために以下の条件で検証した。

  • 助っ人込みでハローラをデッキに1体づつ増やす
  • 検証デッキはパネルブーストの数を18個で統一
  • ステージをアユタラ15-4に固定
  • 50問解いた時点で検証終了

また心眼を持っている精霊も同時に検証に使い、問題自体の正解率に変化があるかどうかも調査した。

▲検証時のベースとなったデッキ。ここにハローラを足したりパネルブーストの潜在結晶を付け替えたりして実施した。

検証結果

検証結果は以下のとおりであった。

ハローラの数単色2色3色
0体32%45%23%
1体52%39%9%
2体62%24%14%
3体76%14%10%

検証結果からの考察0

難易度ダウンは重ねがけ可能!

難易度ダウンの潜在能力が増えるごとに単色パネルの割合は増加する傾向にあった。
代わりに2色パネルの確率が減少し、3色パネルも若干ではあるが減少する傾向がみられた。

問題自体の難易度は変化しない

問題の正解率に関しては変化が見られなかった。新問などの影響でそこまでは優遇できないと推測される。

黒猫のウィズ関連リンク

この記事を読んだ人におすすめ
  • シェア
ご意見・ご指摘

ゲームバランスやデータ引き継ぎなど、ゲームそのものへのご指摘は受付けておりません。

この記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


攻略メニュー

精霊評価一覧

注目の記事

イベントトーナメント

通常トーナメント

喰牙RIZE魔道杯報酬精霊

魔道杯情報

グリコⅢガチャ&イベント復刻

喰牙RIZE-クウガライズ-高難度

特集記事

喰牙RIZE-クウガライズ-攻略

おせにゃん最新号!

GW2015・2016精霊が進化!

桃娘伝復刻

ガチャ

イベントガチャ

ガチャシミュレーター

クエスト攻略

通常エリア

イベントクエスト

レイド/2人協力

魔道杯(通常トーナメント)

初心者向け情報

リセマラ

解説ページ

進化素材

その他初心者向け記事

動画コンテンツ

その他

攻略記事ランキング
  1. 1 喰牙RIZE大魔道杯覇級攻略&デッキ構成
  2. 2 魔道杯のボーダー傾向と規則性 | ボーダー予想
  3. 3 イベントトーナメント攻略&獲得pt一覧【喰牙RIZE魔道杯】
  4. 4 喰牙RIZE攻略&報酬精霊まとめ | クウガライズ
  5. 5 陸式(トーナメント16段) 攻略&デッキ構成 | 叡王【虚】
もっとみる
黒猫のウィズ掲示板

雑談掲示板

相互フォロー・フォロワー募集掲示板

協力レイドバトル待ち合わせ(顔合わせ)掲示板

デッキ相談&報告掲示板

魔道杯ボーダー報告専用掲示板

マッチング

ゲームを探す
 ソフトまとめ PS4PSVRスイッチ
攻略取り扱いゲーム
会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中